耐腐食タイプグラフェン

耐腐食タイプグラフェン
今すぐチャット
制品の詳細

1 TYPE: SE1132

2 、特徴

(1)高比表面積とグラフェンの超薄型平面構造により高密度の物理的分離層を形成することができる。

(2)亜鉛粉末コーティングを活性化し、グラフェンの良好な導電性により相乗効果をもたらす。 塗料フィルム中の亜鉛粉末の量を大幅に減らすことができ、塗膜の陰極保護を向上させることができ、それによって塗膜の耐食性を向上させることができる。

(3)塗膜の密着性を向上させることができ、塗膜の厚さを薄くすることができる。

3 アプリケーション エポキシ亜鉛リッチプライマー(クロムフリー)ダクロメットコーティングなどの(ヘビーデューティ)耐腐食コーティングのすべてのタイプに適しています。

4 仕様

タイプ

仕様

外観

pH

タップ
密度
g / cm 3

特定

表面

面積 m 2 / g

H 2 O
重量

粒径
D
50
μm

C
重量

O
重量

S
重量

 

Cl
ppm

SE1132

ブラックパウダー

7.0〜8.0

0.1

180以上

1.0

10.0

> 93

3

0.2

20

5 取り扱いおよび保管

身体に直接接触しないように、適切な防護服および安全手袋を着用する。 接触した場合は、多量の水で洗い流してください。 適切な方法で粉塵を避けること。 吸入を避けるため、換気を続け、集塵機を設置してください。 損傷から守るために注意深くロードしてからアンロードしてください。

乾燥した、冷たい、換気の良い場所でしっかりと密閉した容器に保管し、発火源や熱から離して保管する。 強い還元剤や可燃物から離してください。 パッケージに破損や漏れがないことを確認してください。パッケージを開けたら、すぐに製品を使用してください。 部分的に使用されるパッケージは、再度密封してください。 製品は水分に敏感です。 製品が湿気を拾った場合は、パッケージングまたは保管保管の破損のために、製品を80℃で数時間乾燥させて無水分状態にしてください。

6 輸送

自己発熱試験結果によると、3 m3以下の包装で輸送する場合、危険有害性区分:なし、国連分類:なし、包装痕、なし。 物質が3 m3を超える容積で輸送される場合、危険物クラス、4.2、国連番号3088、包装銘柄、自己発熱物質、包装グループ:III。 出荷名:自己発熱有機固体、分類されていない。

元のパッケージに元の状態で保存されている場合、製品の有効期限は3年です。

 

コメント:製品の仕様は、必要に応じて顧客が作成できます。

Sixth Element Incは、トップレベルの耐腐食タイプのグラフェンメーカーおよびサプライヤーの1つであり、プロの企業と工場でもあり、私たちから耐腐食タイプのグラフェン製品を輸入しています。

引き合い